自社に合った会計ソフトを選ぶ!会計ソフトの種類

無料版の会計ソフトで、機能の確認をしてみよう!

自社に合った会計ソフトを選ぶ!会計ソフトの種類

PC

無料版の会計ソフトでできること

会計ソフトの基本として、仕訳の入力、転記、そして財務諸表の作成になります。無料版においても、これらの基本的な機能を使えます。有料版との違いとして、制限があるかどうかでしょう。一つは利用期間の制限で、無料版は30日のみ利用できるなどになっています。それ以降使いたいなら有料版を使うしかありません。有料版で使える機能に制限はかかりませんが、データの修正ができる期間が決められていたり、出力書類の制限が決められたりします。

有料版会計ソフトの優れた機能

有料版の会計ソフトは、選ぶグレードによっても異なりますが、データの入力、帳票の出力、データの保存などをすべて行えます。経理業務や会計業務に必要な処理が行えます。入力して出力するだけでなく、経営に役立つ分析機能が使えたりもします。前年や前月に比べて経費が増えているとか売り上げが伸びているなどの分析ができます。経理担当者だけでなく、経営者に見てもらうための機能があります。個人事業主などにも使いやすくなっています。

パッケージ型とダウンロード型がある

会計ソフトのタイプとして、古くからあるのがパッケージ型です。家電量販店やネット家電などからCDなどに入ったソフトを購入し、パソコンなどにインストールをして使います。台数分のソフトが必要になるので、複数台数で使うときは別途アカウントなどを購入します。最近増えてきたのはダウンロード型です。ソフトの提供がネットから行われるので、インストールなどもしやすくなっています。最新版などもその都度ダウンロードして入手できます。

サポート体制が整っているソフトを選ぼう

会計ソフトは、パソコンの知識だけでなく経理や簿記の知識、税制の知識などが必要になります。消費税の処理などは、何も知らない人はなかなか行えないかもしれません。選ぶのであれば、サポート体制が整っているソフトを選びましょう。大手会社であれば、インストラクターがついてくれて、最初の教育や適宜の質問に答えてくれます。パッケージソフトタイプだと、ネットや電話、メールで質問ができ、その都度答えるサポート体制になっています。

社員がソフトを使いこなせるかチェック!

いざ会計ソフトを導入しようとしても、それを利用する社員が使えなければ意味がありません。今のソフトは、経理知識がなくても使えるのを売りにしているものがあります。取引の内容を入力すると、それに適した仕訳を選べるようになっているので、これまで経理の経験がない人でも使えます。摘要に何を入力したらいいのかわからない人のためには、連想摘要機能が便利です。仕訳から適する摘要が選択できるので、こちらも初心者が使いやすい機能です。

会計ソフトに関する疑問Q&A

科目の設定は必要か

パッケージ版だと自分で行わないといけないものもあります。大手会社が提供するものだと、以前使っていたデータから新規に使うシステムへの移行作業をしてくれるところもあります。

日付順に入力するのか

仕訳データと日付が紐づけされていて、自動的に日付順に並べ替えられるようになります。ですから、必ずしも日付順に入力する必要はありません。決算時に修正入力なども行えます。

勝手に修正されないか

システムによって異なりますが、利用者を限定できる仕組みが搭載されていれば処理をした人の記録がされます。誰が入力して誰が承認をして誰が修正をしたかが分かるので、不正も起きにくいです。