業務の効率化の為に!良い会計システムの選び方

会計システムだけでなく、様々な業務ができるもんを選ぼう!

パッケージ型?クラウド型?会計システムの異なる魅力を比較

パッケージ型の魅力

会計システムをパッケージ型で導入するメリットはランニングコストが低いことです。また、クラウドサーバーの動作状況による影響を受けることなく運用することができます。

クラウド型の魅力

クラウド型の魅力は初期費用を抑えられることです。自社サーバーを作り上げる必要がなく、提供業者のクラウドサーバーを利用すれば良いというのがメリットになります。

自社に合った会計システムの選び方

会計システムとして最適なものを選び出すときには、会計のみでなく他の業務も同一システム上で運用する可能性も考慮することが重要です。勤怠管理なども行いたい場合には包括的にシステムを提供している業者に相談することが必須になります。

業務の効率化の為に!良い会計システムの選び方

PC操作

会計システムの導入にかかる費用

会計システムの導入にはある程度の費用がかかりますが、ケースバイケースです。パッケージ型で導入する場合に自社サーバーがない場合には数百万円の予算が必要になります。自社サーバーがあってそのまま運用できるというときには十数万円のオーダーになるのが一般的です。一方、クラウド型の場合には初期費用は無料という場合があります。基本的には月額費用がかかるだけで済むのがクラウド型の特徴だからであり、毎月の費用も数千円から数万円のオーダーです。

会計システムの活用方法

導入した会計システムは業務効率化に活用するのが一般的です。給与計算や経理処理を一通り自動化して運用することにより経理課や総務課の業務負担を軽減することができます。それによって人員削減を行ったり、残業の緩和を実現したりして経費削減を行うことが可能です。拡張して勤怠管理などにも応用していくことが可能であり、一つのシステムで機械的な処理はほとんど済ませられるようになります。