入金消し込み作業とは?

販売をするとき、その場でお金を受けるのではなく後で受ける時には売掛金を計上します。そして実際に入金があるときに売掛金を取り消す仕訳を行い、入金消し込み作業は売掛金を取消す作業で、金額などを見て行います。

会計ソフトが持つ便利機能の数々をチェック!

よくある仕訳の自動入力

たくさんの同じような仕訳を行うとき、そのたびに同じ仕訳を登録するのは面倒です。入金消し込みの仕訳も大量に入力しないといけません。定型仕訳機能は、登録した仕訳を自動で入力できます。

入力ミスがどこにあるか見つける

銀行預金のデータを会計ソフトに入力すれば銀行残高と帳簿残高も一致します。しかし入力ミスがあると残高が合わなくなる仕組みです。会計ソフトなら、日別集計などで簡単にミスが発見できます。

データの検索ができる

売掛金の入金消し込み作業をするとき、元のデータを検索してから行うかもしれません。会計ソフトでは、仕訳や金額のデータをもとに簡単に求める仕訳を検索できます。消し込みも楽に行えますよ。

販売先ごとの管理ができる

幾つかの大きな取引先があるなら、取引先ごとに売掛金を管理した方が良いでしょう。会計ソフトには枝番などをつけられる仕組みがあり、取引先ごとの管理が可能です。より消し込み作業がしやすくなります。

[PR]仕事にチャットを導入しよう
手軽に情報共有が可能☆

[PR]ワークフローシステムを会社に導入
使いやすい機能が満載☆

[PR]会計ソフトを導入しよう
システムが黒字経営をサポートしてくれる

[PR]入金消し込み作業の効率をアップさせよう
優良システムを徹底リサーチ☆

会計システムを導入しよう!入金消し込み作業の方法

電卓を持つ人

入金消し込みができる専用ソフトの特徴

売掛金の入金があったとき、経理データなどを確認しながら入金消し込みを行います。しかし、通常は金額などからしか行えず、どのデータの消し込みをしたらいいのかわからないケースも出てきます。専用ソフトは、銀行振り込みデータなどから顧客を割り出しやすくしてくれています。振込では振込人が登録されることが多いので、それを元に経理データの売掛金と消し込みが行えます。システムの種類としては、取引先を事前に登録しておくタイプと、随時学習をしてくれるタイプがあります。以前に一度入金があると、その時に登録されるので、わざわざ登録する必要がありません。振込時には手数料が引かれたりしますが、それらの金額も考慮して処理をしてくれる機能があります。

会計ソフトを使うと作業を効率化できる!

会計処理では、いかに正確に処理をするかが大事になります。会計ソフトを使えるようになって、入力さえきちんと行えば正確な処理が可能です。ただ、売掛金の入金消し込み作業は手作業で行っているところもあります。専用システムとそれに連動する会計ソフトを使うと、効率化が可能になります。まず消し込みを行う専用ソフトで消し込みデータを作成します。そのデータを会計システムで取り込めるようにし、後は自動的に仕訳を入力します。消し込みソフトは多少処理できないデータもあるので手作業は残りますが、大半は自動化できます。自動入力すれば人の手による入力ミスも無くなります。月末などに大量に入金があっても、楽に処理ができるでしょう。